情報のクローズ化

利用スタイルやデバイスなど、インターネットを取り巻く環境は大きく 変化している。そうした中でSEOと検索サービスも変化を遂げ、その重要性は今後も高まっ ていくだろう。だが情報発信する側のスタイルもまた変化してき ていることから、従来と同じスタイルが継続するとは限らない。 現在でも既に、ユーザーが利用するサービスや、情報発信のスタイルが変化したこ とで、検索サービスに対する影響が出ているケースがいくつか見られる。それゆえ ウェブ・サイトを運営している人達も、今後SEOやSEMだけをやっておけばどうにかなる、という訳にはいかなくなっていくということは頭に入れておきたい。 変化の一つとして挙げられるのが「情報のクローズ化」だ。クラウド化、ソーシヤル化によってネット上の情報が増えてきているのは事実だ。だが そこにある情報が、必ずしもグオープンな形であるとは限らなくなってきてもいる。 ことクラウドでサービスを提供し、それを商売としているサービスプロパイダは、 サービスを提供することでサービス料金を取っている訳であり、ユーザーが望まない
限り、貴重な情報を外に公開するメリットはあまりない。 クラウド化が進み、それによるビジネスが進行するということは、情報をクローズ化してユーザーの囲い込みにつなげていく可能性も大いに考えられるのだ。

おすすめサイト:SEO対策を東京でやるなら東京SEOメーカー