SNS

SNSについて。そもそも多くのSNSは、会員にならないとサービスを利用するこ とができないし、その中で提供されている情報やコンテンツが会員以外でも見られるというケースはまれだ。 またクローズドなサービスなので利用者は日記に個人的なことを書くだろうし、それを友達以外には見られたくない、検索されたくないという利用者も少なからず存在する。 SNS内のコミュニティ(サークルなど)も、そのコミュニティの会員にならないとその情報が見られないというケースが多く、誰しもが簡単に情報を得ることはできないようになっている。 携帯サイトのブログも、クローズ化の典型的な例といえるかもしれない。クルー ズ・ブログなど多くの携帯サイトのブログにおいてはパスワードをかける機能が重視されており、これを設定しておくことで、自分が承認した人以外にはブログの記事を読ませないようにできる。携帯サイトのブログはこと若い女性が多く利用することも あり、必要以上の情報が想定外の人に閲覧されないようにするという要素が強く求められているようだ。 より顕著なクローズ化の事例として、検索とSEOの存在も挙げられるだろう。 実は検索エンジンのクローラーには、ウェブ・サイトにある細工をしておくと、そのウェブ・サイトの一部、あるいは全部をクロールの対象にしないという仕組みが設けられている。この仕組みを利用して、自身のウェブ・サイトを意図的に検索エンジンに表示されないようにするのが、検索避けである。 日本では従来、アンダーグラウンドな情報のやりとりをするウェブ・サイトで検索避けをするケースが多く見られた。だが最近では、アンダーグラウンドでなくても検索避けをするケースが見られるようになってきている。 「 2ちゃんねる」などの掲示板で批判にさらされやすい傾向があることもあり、「同じ趣味の人達以外に見られたくない」という理由から検索避けを実施する ケースが増えているのだ。