SEO対策

SEO・最も高いページランクは?

最も高いページランクとは、どのようなものでしょうか。例えば、「Aページは、BページとCページに発リンクしている。Bページは、Cページのみ発リンクしている。Cページは、Aページのみ発リンクしている」として、考えてみましょう。この場合、AページとCページが高いページランクとなります。そしてAとCは、同じページランクです。SEOに関心がある人であれば、多くの人がCページを選択するようです。Cページは発リンクが少ないということ、そして被リンクが多いので最も高いと推測できるからです。もちろん、それは正しい判断です。ただ、ここでのポイントは、AページもCページと同じ値のページランクを獲得するということ。ページランクがどのような算出方法なのかを知らないと、AページとCページが同ランクであることが判らないというわけです。

SEO・コンテンツキーワードのKPI

①コンテンツキーワード、②サイトへのリンクは外部ツールの活用で改善します。③インデックスステータス、④内部リンク、⑤HTMLの改善の方は、テンプレートの作り方とプラグインの活用で、それぞれ改善を行っていきましょう。まず①コンテンツキーワードのKPIです。目標キーワードが上位にランキングされるように設定します。コンテンツキーワードの改善方法というのは、ウェブサイト全体で目標キーワードの出現率を増やすことを言います。とはいえ、現在書かれている単語を変更することや、意味のない文書で単語を増やしたりすることは、ウェブスパムとみなされてしまいます。改善するためにすることは、ユーザーにとって有益な新しいウェブページを作ることです。

目標キーワードの設定

有益な新しいウェブページを作るうえで、目標キーワードの出現頻度を増やしていきましょう。なお、目標キーワードが複数ある場合は、目標キーワードに優先順位をつけます。そうしてランキング順位を設定しておきます。目標キーワードの出現率は、無料のSEOツールを活用します。現在のコンテンツキーワードが「1位Facebook、2位SEO、3位会社、4位制作、5位対策、6位WordPress」となっているのを、コンテンツキーワードの順位を目指す状態にするということです。目標ページに、目標キーワードで被リンクされるように設定します。上位表示を目指す目標ページはなんでしょうか。この目標ページは、トップページである必要はありません。サイトへのリンクは、3つのデータが提供されますので、2つの指標にKPIを設定します。最も多くリンクされてりうコンテンツの指標の上位が目標ページになるように設定しましょう。目指す状態「/目標ページ1」という具合です。

インデックスステータスのKPI

目標ページに被リンクするアンカーテキストは、目標キーワードを設定しましょう。目標ページが複数ある場合は、それぞれにアンカーテキストを設定していきます。アンカーテキストは関連性のある単語を用いてください。バランスよく分散させることが大切です。インデックスステータスのKPIについて考えます。ウェブサイトの全体のページ数を、どれだけ増やすのかを設定していきます。上位表示を目指すのであれば、自分のウェブサイトは最低でも50ページ以上が必要と言われています。目標ページに紐づくサブページについて、積み上げ式の計画を立てていきます。いつまでに、どのような内容で、何ページ増やすのか。インデックスデーターのKPIは、無理をせず実現可能な数値を設定しなければいけません。

インデックス数を増やす

SEO対策としてトップページの上位表示ばかりに注力する方が多いのではないでしょうか?実際には、トップページ以外のサイト内のページへのアクセスが大半を占めているのです。 ひとつひとつのページを、 htmlで終わる静的な URLにする。
インデックスとは、 We bページ‘が Yahoo! 、Google 等のロボッ卜型検索エンジン のク ローラーがインターネット上のWebページを収集しデータベースに保存した索引です。インデックス数 とはそのインデックスされたページ数をいいます。 Webページはインデックスされた時点で初めて検索対象にされ、検索結果に表示されるようになります。 そのため、検索エンジンからの集客を最大限生かすためには、例えば 100ページあ るサイトの場合は、 100 ページすべてインテックスされるのが理想です。