インターネット初期

“インターネット初期はヤフーが栄華を誇った時代でした。
SEO対策が登場したのは、ウェブサイト上の情報を検索するというサービスが現れたこと、そしてその仕組みが大きく変化していったことによるところが大きい。そこでインターネットの歴史を簡単に振り返り、なぜSEO対策という手法が注目されるよう になったのかを、改めて確認していこう。
インターネットが日本で大きな注目を集めるようになったのは、ウインドウズ が登場した 1995年頃からだといわれている。当時からインター ネットは「情報の宝庫」と呼ばれ、紙媒体などと比べ多くの情報が流れていた。ゆえにその中から必要な情報だけを得たいというニーズは、非常に高かったのである。 そのため、目的のウェブサイトを見つけるための検索サービスは、世界中で早いうちから開発が進められていた。だが当時は現在よりウェブサイトの数が少なかったことや、その利用方法や動向についても現在ほどルールが定まっている訳ではなかった。
そのような状況下で台頭したのが、 「ディレクトリ型」の検索サービスである。 これは、自薦・他薦で登録されてきた ウェブサイトを、人の手でチェックし、 その内容に応じて「ニュース」「レシピ」 などといったディレクトリ(検索サービス 上でのカテゴリ、と捉えてもらえればよい)に分類しておくことで、そのカテゴリ をたどって目的のウェブサイトを探しやすくするというもの。 “

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です