アンカーテキストも重要ワードで

SEO(検索エンジン最適化)にとって、これからのWebライティングは、検索ロボットと検索ユーザーの両者を考えて文章を作っていく事と言われています。具体的な対策の中で、アンカーテキストの効果的な活用についてお話したいと思います。アンカーテキストとは、Webページ内でクリックすると指定されたリンク先へ飛んでくれるテキストをいいます。具体的には、アンカータグ<a>~</a>を使用して「<a href=”(リンク先のURL)”>○○○</a>」で書かれた文章「○○○」を指し、「href=”(リンク先のURL)”」でテキストリンクする先が指定されるものです。アンカーテキストも、基本的にはSEO対策で考えていくべきキーワードと同様で、ここに有効なキーワードを盛り込んでいくことに変わりありません。しかも、1語に留まらず、2~3語含めることができれば、かなり有効性が増してきます。もちろん、キーワードは単に関連性ある言葉というより、検索数上位に挙げられるような言葉を盛り込めれば一層効果は上がります。例えば、Google広告/キーワードプランナーで「SEO」を指定して表示結果で検索ボリュームの高い「被リンク」や「キーワード」といった言葉も合わせて使った文章が記述できれば効果的でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です