売り込みせずに集客する方法

オンラインに限らず、無理に営業してくる人は嫌われることがあります。ウェブサイトを作る時は、「買ってください」を連呼するよりも、別の方法でコンバージョンに繋げられないか検討することが大切です。例えば「スタッフブログ」などはその典型例で、ブログの内容が商品と無関係であっても、そのブログを通じてユーザーが集まってくることがあります。ブログやSNSはスタッフの人柄やサービスの質が透けて見えるのでユーザーの安心を招きやすいのでしょう。このように、無理に売り込もうとせず、真に集客できるページを制作することが大切です。とはいえ、セールスページも必要ですから、あくまでも追加ページとして充実させることをお勧めします。では自社のサイトの中で、この追加ページ(情報提供ページ)が何に当たるのかをどのように調べればよいのでしょうか。それを探るには、まずターゲット層が求める情報を調べなければなりません。これまでの経験から言えるのは、業界情報や専門知識はユーザーの関心を引きやすいコンテンツです。そのサイトでなければ得られない情報だからです。その中身を具体化するために、まずグーグルを使ってキーワード検索需要を調べます。次にお客様の実際の声を聞いているスタッフからその声の内容を聞き出し、客の要望を纏めます。そして余裕があれば質問投稿サイトに顔を出し、どのような質問が投稿されているのか調べます。以上のような作業を繰り返せば、自ずと「客が閲覧したがるコンテンツ」が見えてくるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です