リダイレクト設定

指定したウェブページが見つからないと言ったときに表示される「404エラーページ」ですが、これは、 リンク先のページが閲覧できない時にも表示されるものと言えるでしょう。この閲覧できないリンクのことを「リンク切れ」と呼んでおり、そのパターンとしては、ページが消されている時や、URLを間違えた時というものが多いのではないでしょうか。 また、 リダイレクトの設定がきちんとできていないといった場合にも表示されるようです。ページが削除された場合や、ドメイン変更によるURLの変更といった場合には、以前のURLから新しいURLに対し、301リダイレクトという設定を行い、閲覧者が新しいURLに自動的に辿り着くように設定することになるでしょう。この「リダイレクト」という設定をする際に不備があると、新しいURLにアクセスすることができず、404ページが表示されてしまうようです。閲覧者を逃さないためにも、リダイレクトの設定というのは正しく行うよう心掛けておきましょう。なお、ドメイン変更によってリダイレクトの設定ができていないといった場合、外部リンク効果が得られなくなってしまうため、機会損失となってしまう可能性があるでしょう。ページを統合の際には充分注意しましょう 。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です