キャッシュとインデックス

キャッシュとは、Yahoo!JAPANとGoogleの場合、インデックス(索引)を行う時点で保存されたページのことを指します。何らかの理由で目的のページが見られなくなっているような場合でも、検索結果のページにある「キャッシュ」をクリックすると、キャッシュされたぺージを見ることができます。
インデックスのほうは、Webページの中の単語をものすごく速く探し出せるように抽出して、一定の順序で並べ、その場所を示した表のようなものをイメージするとよいでしょう。
検索サイトは、キャッシュ用のサーバとインデックス用のサーバを連動させて、検索結果を瞬時に表示しています。検索結果の表示順位は、インデックス化を行うサーバに存在していると言われているので、キャッシュが変わっても検索結果の表示順位は変わりません。しかし、スパム行為に関しては、キャッシュの更新とは別になっていて、いつでもペナルティを課すことができるようです。

<インデックスされることは検索されやすさにつながる>
検索サイトにドメインを登録するだけでは、アクセスは増えません。
Webサイトの内容をインデックスしてもらうことで、初めて検索結果に表示され、アクセスされるのです。
検索結果に表示されるページは、検索サイトにインデックスされているページなで、インデックスされているページが多いWebサイトほど検索にヒットしやすくなります。
このように、インデックスはページ数の多いWebサイトがSEO的にも有利な要因のひとつとして挙げられるぐらい重要なものなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です