キーワード近接度と目立ち度

キーワード近接度とは、一文の中で単語同士の距離がどのぐらい近いかを意味します。
ABCという単語とGHIという単語が隣に並んでいたら、キーワード近接度は100%です。
ABCとGHIの間にDEFという単語が入っていれば、キーワード近接度は約67%になります。
下記の例文を読んでみてください。自然な文章ではないと感じませんか?
<キーワード近接度が高すぎる文章の例>
中古車を買うなら特選中古車の○○○中古車
短い文章の中に「中古車」が3回も登場し、6単語のうちの3単語が「中古車」ですから、キーワード近接度は50%になります。
この例文ぐらいの長さであれば、キーワードは1回か、多くても2回で十分です。

キーワード目立ち度は、キーワードが文頭に近ければ〇〇%、文末に近ければ〇〇%というように単純にキーワードが文頭にあれば評価が上がるというものではありません。
なぜなら、キーワードを埋め込んだ位置やタグによって評価が変化すると考えられているからです。
キーワードに重みを持たせるには、テキストの文頭以外にも<title>タグ 、<h>タグ、<strong>タグ、<em> タグなどを使って表現することができるわけですから、そのタグごとの重みは単純には量れないのです。
実務レベルで、キーワード目立ち度を意識するのであれば、上記タグやテキストの文頭などで、キーワードをできるだけ前に配置することぐらいが限界になるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です