台湾のSEM対策

台湾はGoogleとYahoo! のシェアが均衡していることや、人口が2,300万人程度と少ないことから、Yahoo! Taiwanの検索連動型広告とGoogle AdWords の両方に広告を出稿するのがおすすめです。

検索連動型広告の仕様

台湾は2バイト言語になるため、全角文字が使われることになります。Yahoo! Taiwan はGoogle AdWordと比較した場合、2倍の広告文を挿入できます。このため、Yahoo! Taiwanの検索連動型広告はより多くの情報をユーザーに訴求することが可能です。

運用の注意点

注意点として、Yahoo! Taiwanは原則的に広告代理底の変更を推奨していません。たとえばA代理屈に運用を依頼していたが、広告のパフォーマンスが悪いのでB代理庖に鞍替えしようとした場合、3ヵ月の広告停止処分が課せられます。広告代理庖に依頼する場合には、とくに慎重に検討する必要があります。

繁体字と筒体字の違い

台湾向けの広告戦略で忘れてはいけないのが、繁体字(台湾と香港)と簡体字(中国大陸)の違いです。見た目が違うだけでなく、単語の意味や使いかたが異なるものも多数あります。

「ヨーグルト」を例にしても、中国大陸では「酸妨」が使われますが、台湾では「優格」が使われています。このため、翻訳に言語の変換ツールなどを使う場合でも、ネイテイフ守の最終チェックを入れることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です