.htaccessの記述方法

.htaccessには、次のような記述を行います。

あらかじめ、自分のサイトの本来のURLに基づいて、「wwwあり(wwwsample.com) 」にするか「wwwなし(sample.com)」にするかの判断をします。

ちなみに、「wwwあり」と「wwwなし」とでは、SEO上どちらも優劣はありません。その上で、それぞれの場合で下記のような記述を行います。これは、301リダイレクトという手法です。

なお、「canonical」は「.htaccess(301リダイレクト)」相当の働きをしますが、完全に置き換わるわけではありません。それは、検索エンジンが命令として必ずしも従うわけではなく、あくまでも参考として見ているにすぎないからです。

なお、Googleの発表によると、「canonical」は<head>直後に記述することがもっとも確実のようです。

SEOのテクニカル技法でとっつきにくいところもあるかもしれませんが、.htaccessに抵抗があるようであれば、まずは「<link rel=三anonical”…」の一文だけでも<head>内に付け加えておきましょう。また、外部から自身のサイトへリンクを張る際にも、URLを統一することをお忘れなく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です