検索サービスに影響を及ぼす要素

検索サービスにとって、より大きな問題となってくるであろう変化も現れてきている。それは、そもそもテキストを用いない情報発信の形が増えている、ということだ。 以前から画像や動画、そしてフラッシュなどを用いたウェプ・サイトは多く存在しており、それに対する対処はいくらか進められてきた。フラッシュについては完全ではないが何かしらの対処は進められているようであるし、画像であれば、ウェブ・ページを作る時にその画像が何を示すかという情報を持たせることである程度の対応が可能だ。 また「ユーチューブ」や「ニコニコ動画」に代表されるウェプ動画の場合、メタデータを記述することで この動画がどのような内容のものかを知ることは可能となっている。ちなみにメタデータとは、「そのデータがどんなものであるか」を示す情報のこと。例えばユーチューブに猫の動画をアッブロードしたら、それ に「猫」「黒猫」などといったメタデータを登録しておくことで、他の人が探しやすくなるという訳です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です